しっくのん特徴

シックハウス対策として

しっくのんは健康面から住環境改善に重点を置き、山口県産業技術センターと共に研究開発した製品です。しっくのんには以下のような特長があります。
 

1.作業性

従来の漆喰壁は、現場にて左官職人が材料を調合し、コテで仕上げていました。
しっくのんは出荷段階で全ての材料を調合している為、撹拌後すぐに使用することが可能です。施工には、ローラーと刷毛を使用します。
 

2.調湿性

主原料である消石灰により塗膜が多孔質となりますので、湿気の吸放出性に優れ、室内の結露防止にも効果があります。

3.耐火性

従来の漆喰壁と同様に耐火性に優れています。

4.シックハウス症候群への対応

しっくのんは消石灰、水、還元澱粉糖化物を主原料としており製品自体ほぼ無臭です。
消石灰による消臭・脱臭効果が期待できます。
本製品は日本漆喰協会が定めた化学物質放散自主認定制度において認定を受けています。
 

5.活性炭混合品「しっくのんA」について(下塗り材)

しっくのんに粉末活性炭を混合したことにより、VOCをより強力に吸着します。
他の塗材では吸着しにくい「トルエン」なども吸着します。
特に、シックハウス、タバコやペット等の臭いでお困りの方にお勧めします。
しっくのんAを施工する場合は、下地に水性シーラーを塗り、その上にしっくのんAを1回塗り、さらにしっくのんを2回塗りして仕上げます。